自宅の設備を修理しよう

買い替えの時期?テレビアンテナの劣化症状

テレビアンテナはハイテク設備であるため、長期間使用していると経年劣化によって破損が生じることがあります。そのため設備を長く使い続けていきたい場合や下記のような症状が見られる場合は、テレビアンテナ工事を行なう必要があります。

テレビのアンテナ工事が必要な症状

ブロックノイズ
アンテナが受信する電波の量が不足したり、接続しているケーブルに劣化が生じたりすると、ブロックノイズが発生します。万が一自宅のテレビでブロックノイズが発生した場合は、まずテレビの電波測定機能を使って電波の強さを調べてみましょう。またアンテナケーブルが経年劣化により破損していると、受信した電波をテレビへと伝えることができなくなります。こうしたトラブルは、使用しているケーブルを新品のケーブルへと交換することで解消できます。
画面に横線が入る
テレビ鑑賞をしている時に画面に横線が発生した場合は、使用しているテレビが故障しかけているかもしれません。大きさは一ミリ程にしかならないため気づかずにそのまま放置してしまうこともありますが、そのままにしておくとテレビが故障してしまう可能性が高いです。こうした症状が発生した場合は、電気店などにテレビを持ち込むか、アンテナ工事を検討することが必要です。

アンテナ工事業者に見てもらおう

テレビに不調が発生した際は近くの電気店などに修理や診断を申し込むことが多いですが、電気店の中には家電の診断や修理に対応していないところもあります。このような店舗に依頼をしても、断られるか、適切な方法で修理を進めてもらうことは期待できません。自宅のテレビに故障や不具合などが発生した場合は、アンテナ工事を取り扱っている業者に診断を依頼しましょう。アンテナ工事を依頼できる業者であれば、テレビの不調をはじめあらゆるトラブルに対応してもらえるでしょう。

東京オリンピックまでに揃えておきたい4Kテレビ

アンテナ

近年、アンテナ工事の需要が高まっています。劣化や故障などによる影響で工事が行なわれるケースもありますが、それだけでなく、テレビをより楽しむために利用されるケースが大幅に増えているのです。特に4Kテレビは、アンテナ工事の中でも特に注目度の高いサービスとして選ばれています。

注目の4Kテレビ

そもそも4Kテレビってなに?
4Kテレビは一般的なテレビよりも画素数が多いのが特徴で、通常のテレビでは画素の粗さが目立つ映像も鮮明に映し出してくれます。そのため4Kの大画面テレビで映画鑑賞を行なっても、画像の粗さにストレスを感じることはありません。また色彩も本来の状態で表示することができるため、実際の映像をそのままの状態で体感することができます。最近ではさまざまなバリエーションの製品が登場しており、目的に合わせて好きな製品が購入できるようになりました。

4Kテレビを体験したいするならコレ!

CS放送やIPTVなどのチャンネルでは現在4K放送が実施されており、話題の4K映像が気軽に楽しめるようになっています。すでにCS対応アンテナが自宅に設置してあれば、視聴契約を行なうことですぐに4K映像の番組を視聴することができます。また現在は4K映像を利用したブルーレイディスクなども販売されているため、4K映像を視聴するためにわざわざCSアンテナを取り付ける必要はありません。まずはブルーレイや衛星放送を活用して、4K映像の大迫力な映像をその目で体感してみましょう。

TOPボタン